«準決勝: 春日 亮佑(千葉) vs 三原 槙仁(千葉) 最新 2012 年度ミスター LMC 三原 槙仁 インタビュー»

WPN Premium Tournament - LMC Championships 2012

LMC Championships

決勝: 三原 槙仁(千葉) vs 武田 浩信(千葉)

Written by Yui Takagi

IMG_4459

2 日間にわたり繰り広げられた饗宴。これまでに多くの波乱とともに屍は撒き散らされ、残ったのはわずか 2 人。

武田は準々決勝で強敵・有田隆一とのコントロール対決を制し、準決勝では佐藤和真のラクドスビートダウンを冷静にマタドールのごとくいなしきってみせた。

コントロールデッキを使えば怖いものはない。魔界の頂は、すぐそこに!

しかし、最後にはだかるのは世界の壁、三原。準々決勝で萩原、準決勝では春日の挑戦を退けての進出。PoY を逆転で獲得した勢いそのままに、2 冠なるか?

ともに決勝トーナメントでは 1 ゲームも落としていない。頂の処女雪を踏みしめるのは……。

最後の戦いの鐘が鳴る。


Game 1

1 位通過の武田が先手を選択。

まずは後手三原が《根囲い》、手札が 8 枚になり《グリセルブランド》をディスカード。

一方武田は 3 ターン目の《聖トラフトの霊》。三原は《未練ある魂》で待ち構えるが、武田は 1 体を《火柱》して攻撃。

三原は《信仰無き物あさり》して《未練ある魂》をフラッシュバック。武田は構わず《聖トラフトの霊》を突っ込ませてスピリット 2 体と相打ちにする。三原のライフは 10。

返しの三原《スラーグ牙》《本質の散乱》で許さない。

武田は 2 体目の《聖トラフトの霊》。三原が《轟く激震》を放つと

武田 「もどれ、ピカチュウ!」

と叫びながら《送還》で手札に。そして再度展開するがこれは《轟く激震》フラッシュバックで葬る。

三原は《堀葬の儀式》《グリセルブランド》を対象で放つが、武田はこれを《雲散霧消》

続いて三原が《グリセルブランド》を素で召還すると、これが通る。返しに武田が《拘留の宝球》。ライフを支払おうとするが、三原のライフは 10。ぎりぎりで思いとどまる。

三原は続いて《静穏の天使》を呼び出すがこれが《本質の散乱》で砕け散る。

そして武田の《雷口のヘルカイト》が三原のスピリットを吹き飛ばしながら襲いかかる。これで三原は 5。

三原はここで 2 枚目の《堀葬の儀式》を引き込み表裏でプレイ! 《グリセルブランド》《静穏の天使》、さらにフラッシュバックで《未練ある魂》

一見攻略不能な三原の陣営。

しかし武田 2 枚目の《雷口のヘルカイト》の爪が、確実に三原を捕えたのだった。

三原 0-1 武田


IMG_4458

三原のサイドボード

in
1 《天啓の光》
2 《見えざる者、ヴラスカ》
out
1 《轟く激震》
1 《忌まわしい回収》
1 《グリセルブランド》

武田のサイドボード

in
4 《スレイベンの守護者、サリア》
2 《墓場の浄化》
3 《地下牢の霊》
1 《月の賢者タミヨウ》
out
4 《火柱》
2 《アゾリウスの魔除け》
2 《イゼットの魔除け》
1 《拘留の宝球》
1 《送還》

Game 2

先手の三原がマリガン、武田は 7 枚キープ。

三原は 3 ターン目に《ケンタウルスの癒し手》をプレイし、これは許可される。返しに武田は《聖トラフトの霊》。さらに武田は《地下牢の霊》《ケンタウルスの癒し手》を寝かして殴る。

三原の《スラーグ牙》も 2 枚目の《地下牢の霊》で寝かされる。

2 枚目の《スラーグ牙》は残った!……と思いきや《月の賢者タミヨウ》でこれも寝かせてしまう武田!

本当に武田が止まらない!

三原はめげずに《信仰無き物あさり》から《未練ある魂》を捨てるとフラッシュバック、2 枚目の《ケンタウルスの癒し手》で食い下がる。三原のライフは 7。手札はない。

武田はここで計算にふける。熟慮の結果、寝かせては勝てないと《月の賢者タミヨウ》はドローを選択。ドローは 3 枚。そして……

Thundermaw Hellkite

三原 0-2 武田


かつて、ドラゴンで世界を獲った男を、武田がドラゴンで打ち破った!

だが武田よ、これからはお前が追われる番だ!

ひとまずは、おめでとう武田!

IMG_4463
Tags: Report

編集