«準決勝: 武田 浩信(千葉) vs 佐藤 和真(千葉) 最新 決勝: 三原 槙仁(千葉) vs 武田 浩信(千葉)»

WPN Premium Tournament - LMC Championships 2012

LMC Championships

準決勝: 春日 亮佑(千葉) vs 三原 槙仁(千葉)

Written by Taiki Hattori

IMG_4455

三原 「Winner Takes All で、どう?」

春日 「いや、ないでしょ」

三原 「勝って少しでもパック増やさないとかないでしょ?」

春日 「いや、ないでしょ」

世界王者を経験した三原と、異なる舞台ではあるが、やはり世界の舞台を経験してる春日。しかしながら、言ってることは対照的である。


Game 1

マナ加速から《修復の天使》と滑り出す春日に対し《忌まわしい回収》《ケンタウルスの癒し手》と動く三原。両者ともマナを使い切り順調に滑り出す。

春日の《スラーグ牙》に対し三原も《スラーグ牙》と両者負けずに場を構築。《修復の天使》がクロックとしてある分、春日優位なのだが、一度三原の配下に高カロリーなクリーチャーが出てしまうと、春日の戦力が壊滅してしまう。

まだ墓地に何もない今のうちに戦力を追加だとばかりに《修復の天使》を 2 枚、3 枚と追加し《スラーグ牙》を明滅させることでライフと戦力を増強させる。

これはまずいと、三原も《信仰無き物あさり》で解決策を探すも、見つかるカードはクリーチャーではなく《戦慄掘り》《未練ある魂》《大天使の霊堂》。強力な防御力を持つ布陣だが、《忌むべき者のかがり火》《ケッシグの狼の地》一枚で負けるため、不安だけは拭いきれない。

対する春日も《忌むべき者のかがり火》《ケッシグの狼の地》こそ引くことができなかったものの《高原の狩りの達人》を戦場に送り込む。

三原は《未練ある魂》フラッシュバックで変身を阻害しつつブロッカーの追加。春日は《忌むべき者のかがり火》が引けず、そのままターンを終了。

ターン終了時の《忌まわしい回収》で、三原はついに《静穏の天使》を手に入れた。《静穏の天使》が降臨させ、春日のビーストトークンを追放するも、即座に《セレズニアの魔除け》にて退場させられてしまう。

そして戦場は再び《高原の狩りの達人》の変身を巡るゲーム。

春日ががそのままターンを返し、変身させると三原は《信仰無き物あさり》《未練ある魂》等を駆使し、再変身。さらに春日ががそのままターンを返し変身させると、《堀葬の儀式》《スラーグ牙》を釣り上げるライフを得つつ、《信仰無き物あさり》で再変身。

このようなやり取りが続き、気付けば三原のライフは残り 7。いよいよもう後がない。

《スラーグ牙》でライフこそ得られるものの、《グリセルブランド》《静穏の天使》でなければ根本的な解決にならない。

これが最後のターンだとばかりに《信仰無き物あさり》《根囲い》とキャストすると、再び念願の《静穏の天使》を墓地に送り込むことに成功。そのまま釣り上げられた天使が《修復の天使》《高原の狩りの達人》を追放すると今度は春日の最終ターン。

ここで《忌むべき者のかがり火》を引ければ……と捲った山札のトップは《ケッシグの狼の地》

このカードではもう間に合わない。

春日 0-1 三原


IMG_4453

Game 2

両者とも配られたのは色マナの厳しい 7 枚のカード。

春日 「マリガンで」

三原 「キープで」

やはりこの二人、対照的である。

先手の春日、《根縛りの岩山》《平地》で土地が止まってしまう。対する三原は《死儀礼のシャーマン》《信仰無き物あさり》で土地を捨て、マナ加速しつつ色マナを捻り出し、《スラーグ牙》を送り込む。

春日が《遥か見》で追加の土地を置けた頃、時すでに遅し。

三原の配下には 2 体の《スラーグ牙》《オリヴィア・ヴォルダーレン》

《オリヴィア・ヴォルダーレン》がいる限り、彼は無敵なのだ。

春日 0-2 三原


Tags: Report

編集