«準々決勝: 春日 亮佑(千葉) vs 山内 一史(神奈川.. 最新 準決勝: 春日 亮佑(千葉) vs 三原 槙仁(千葉)»

WPN Premium Tournament - LMC Championships 2012

LMC Championships

準決勝: 武田 浩信(千葉) vs 佐藤 和真(千葉)

Written by Yusuke Isayama

IMG_4451

地獄から這い上がってきた佐藤、藤井の首を手土産に武田への挑戦権を求めに来た。

スイスラウンドの雪辱を果たし、武田の首も追加して決勝のテーブルに着くための殺意は十分。Bye 無しからここまで来るために通った茨の道を思えば、武田一人取るに足らない。目指すのは武田の向こうにある優勝。

武田はただ迎え撃つだけ。

武田 「義さん(岩出義隆)にトロフィー持って帰りたいね」

散々至極お世話になっている人のために、勝つ。


Game 1

佐藤《竜髑髏の山頂》スタートにより《ラクドスの哄笑者》を 1 ターン目に出せない。せっかく出しても即《イゼットの魔除け》で除去されてしまう。

《灰の盲信者》《アゾリウスの魔除け》でバウンスした武田、佐藤の手を遅らせて《聖トラフトの霊》を。

《アゾリウスの魔除け》のせいで 4 枚目の土地を引けなかった佐藤、《灰の盲信者》をブロックに残さずアタックへと向かわせる。《火柱》を武田の顔面に叩き込んでダメージレースを仕掛け、解鎖《ヘルホールのフレイル使い》も追加。

武田は《灰の盲信者》の 2 度目の攻撃を見て小考。しばらくした後頷いて《瞬唱の魔道士》をプレイ。《灰の盲信者》の能力で 3 点喰らいながらも《イゼットの魔除け》でこれを除去した。

《聖トラフトの霊》の打点は天使トークンとあわせて 6 点。3 ターンで相手のライフを 0 にするには 2 点足りないのだが、武田はこれを《瞬唱の魔道士》で埋めたのだ。

手札の火力を使い切って勝つはずだった佐藤、1 ターン早く死期が訪れたことで再計算を余儀なくされる。

度重なるシュミレーションは全て武田の勝利を示していた。

武田 1-0 佐藤


IMG_4452

Game 2

1 ターン目にクリーチャーを展開できないハンドを配られた佐藤はマリガンを選択。キープしたハンドに一人たたずむ《悪名の騎士》。これが《火柱》され、トップしてきた《ラクドスの哄笑者》《瞬唱の魔道士》が火を噴く。

佐藤は一歩も引かず、それどころか《ヘルホールのフレイル使い》《ラクドスの哄笑者》《悪名の騎士》で前へ前へ。武田の《スレイベンの守護者、サリア》を除去し、《修復の天使》にも《硫黄の流弾》をあわせる。

が、武田《イゼットの魔除け》でこれをかわし、今引きの《聖トラフトの霊》を追加。

嫌と言うほど《聖トラフトの霊》の強さを教え込まれている佐藤。

普通の人間ならうな垂れても仕方ない場面だが、佐藤は違った。

例え泥の中でも倒れるときは前のめり。

背筋を伸ばして武田を睨み怯むことなく攻めを続行し、勇士を示して準決勝のテーブルを去った。

武田 2-0 佐藤


武田、トロフィーまであと一勝。

Tags: Report

編集