«準々決勝: 有田 隆一(千葉) vs 武田 浩信(千葉) 最新 準々決勝: 春日 亮佑(千葉) vs 山内 一史(神奈川..»

WPN Premium Tournament - LMC Championships 2012

LMC Championships

準々決勝: 佐藤 和真(千葉) vs 藤井 大(千葉)

Written by Taiki Hattori

IMG_4444

佐藤 「藤井さんと当たるの 1998 年の LoM 以来なんですよ」

藤井 「すごい昔だね、よく覚えてるね!」

佐藤 「ええ、そのとき心が折れてドロップしたので……」

藤井 「98 年ってマスクスか。あの頃はレベルに勝てるようデッキ作ってたなぁ」

佐藤 「そのとき、白単レベル使ってました」

LoM で対戦していた二人は二日制になった LMCC で再びぶつかり合う運命だったのかもしれない。


Game 1

先手の佐藤がマリガンを宣言する傍ら、藤井は静かにキープを宣言する。

佐藤は 6 枚の手札をキープし、《竜髑髏の山頂》をタップインでターンを返すと、藤井は《森》からの《アヴァシンの巡礼者》と、快調な切り出し。

しかし、佐藤のファーストアクションの《悪名の騎士》に顔をしかめる。返すターンに藤井は《ロクソドンの強打者》を送り込み、白緑デッキの最良の動きを見せるも、これでは騎士を突破できない。

ならば空からとプレイした《荘厳な大天使》は、即座に《硫黄の流弾》で打ち落され、戦場は再び《悪名の騎士》《ロクソドンの強打者》が睨み合い。

今度は佐藤が《ファルケンラスの貴種》を空から走らせ藤井に 5 点 ダメージ。藤井も負けじと《ロクソドンの強打者》《怨恨》をまとわせ、《ロクソドンの強打者》《アヴァシンの巡礼者》の 2 体でアタックし、佐藤に 7 点ダメージ。

5 点と 7 点のダメージレース勝負になるかと思いきや、佐藤の返す刀は《士気溢れる徴集兵》

Zealous Conscripts

《怨恨》に溢れた《ロクソドンの強打者》を奪い取り、すべてのクリーチャーを横にする。

《悪名の騎士》《ファルケンラスの貴種》《士気溢れる徴集兵》《ロクソドンの強打者》《怨恨》 = 藤井の残ライフ 15 点

佐藤 1-0 藤井


IMG_4445

Game 2

今度は先手の藤井、《アヴァシンの巡礼者》からの《銀刃の聖騎士》と 2 ターン目に強烈なクロックを生み出すも、再び佐藤の《悪名の騎士》が聖騎士の道を阻む。

ならばトランプルで押し込もうと《アヴァシンの巡礼者》《怨恨》をまとわせるも《灼熱の槍》《火柱》が藤井の攻め手を奪い取る。

何の妨害もない戦場を駆け抜けた《悪名の騎士》が藤井を切り付け、《流城の貴族》《ヘルホールのフレイル使い》と佐藤は追加戦力を送り込む。

対する藤井は追加でクリーチャーを引き込めず、増えていく《流城の貴族》のサイズと減っていく自身のライフを見比べることしかできない。

渾身の思いで引き込んだ《ウルフィーの銀心》に 2 本の《灼熱の槍》が投げられると、藤井は静かにカードを片づけた。

佐藤、10 年余の歳月を経てリベンジ達成。

佐藤 2-0 藤井


Tags: Report

編集