«準々決勝: 三原 槙仁(千葉) vs 萩原 紀幸(千葉) 最新 準々決勝: 佐藤 和真(千葉) vs 藤井 大(千葉)»

WPN Premium Tournament - LMC Championships 2012

LMC Championships

準々決勝: 有田 隆一(千葉) vs 武田 浩信(千葉)

Written by Yusuke Isayama

スタンダードからドラフトへ、ドラフトからスタンダードへ。2 つのフォーマットを超え、日を跨ぎ、研鑽の粋を尽くしてたどり着いたのがこのテーブル。

ここから先は優勝に向け望みを繋ぐか、夢を絶たれるかのどちらか。

中間など無い。

IMG_0381 IMG_0380

有田はトリコロールカラーののコントロールを使用。《至高の評決》《終末》で盤面をリセットした後、《思考を築く者、ジェイス》《月の賢者タミヨウ》で蓋をする。古くから存在する白青コントロールに《火柱》《イゼットの魔除け》を使うため赤をタッチした構成だ。

対する武田は《聖トラフトの霊》を主軸にした、こちらもトリコロールカラーのクロックパーミッションだ。一度《聖トラフトの霊》さえ出してしまえば各種火力で戦線をこじ開け、そのまま相手を叩き潰す。見た目以上に破壊力抜群のデッキだ。

両者カラーリングは同じだが、戦い方はまるで異なる。矛と盾、勝るのはどちらか。


IMG_4449

Game 1

スイスラウンド 1 位抜けの武田はこの後全ての対戦で先手を取る権利を持っている。

後手の有田は 1 マリガンご土地 4 枚に《終末》 2 枚というハンドを苦い顔をしてキープ。武田の場に《聖トラフトの霊》が登場したことで一層表情が曇る。

既に《終末》を 2 枚引いてしまっている以上、奇跡でキャストできる可能性は非常に低い。プロツアーサンデーまで出場した男がそれを知らぬ、考えが及ばぬわけが無い。

では奇跡で打てる確率は一体どれだけなのか?


「50%」だ。

「引く」か「引かぬ」しかないのだ。故に 50%。

数学的な数字ではなく、勝負の世界での確率を自分に言い聞かせて有田は《イゼットの魔除け》で奇跡を探しに行く。

果たして奇跡を見つけた有田だったが、武田が文字通り奇跡を《雲散霧消》させた。

有田 0-1 武田


IMG_4450

Game 2

3 枚目の土地を引き当てた有田、武田より先に《聖トラフトの霊》を場に着地させる。一方の武田は《スレイベンの守護者、サリア》で有田の行動を制限しつつ《聖トラフトの霊》を対消滅させる。

4 枚目まで土地を伸ばした有田だが、青マナが 2 つ供給できないうえ《スレイベンの守護者、サリア》が重くのしかかる。

対消滅した《聖トラフトの霊》《ムーアランドの憑依地》で転生させた武田は淡々と攻撃するのみ。

プレイをためらっていた有田だが、祈るように《拘留の宝球》をプレイ、《スレイベンの守護者、サリア》に退場を願う。

が、武田、無情の《修復の天使》

有田 0-2 武田


武田、優勝へと歩を進めた。

Tags: Report

編集