«Standard Round Top Decks 最新 準々決勝: 有田 隆一(千葉) vs 武田 浩信(千葉)»

WPN Premium Tournament - LMC Championships 2012

LMC Championships

準々決勝: 三原 槙仁(千葉) vs 萩原 紀幸(千葉)

Written by Yui Takagi

IMG_4447

PoY レースは大詰めを迎えていた。トップの小松は《訓練されたカラカル》 3 枚をピックして撃沈。初日全勝の宮本は 2 日目でぽぽぽぽーん。

で、ベスト 8 に進出した三原はこの準々決勝を勝利するとその瞬間に PoY が決定するのです。

つまり、ここで萩原が止められないと、今年の千葉は魔王の手に堕ちます。ちなみにブックメーカーの予想ですと、デッキ相性もあって倍率は三原 1.6 倍、萩原は 7.0 倍とのこと。逆境をはねのけられるのか? それとも「一没の帝王」の能力発動か?


Game 1

予選順位に従い、上位の萩原が先手を選択。

まず三原が《忌まわしい回収》で墓地を肥やす。きっちり《堀葬の儀式》《信仰無き物あさり》を落とすあたり、素晴らしい。さらに《根囲い》《静穏の天使》を落とし、早くも充電完了。

萩原は《セレズニアの魔鍵》経由の第 4 ターン《スラーグ牙》が主立ったファーストアクション。しかし三原の《静穏の天使》がこんにちわ。

萩原は《雷口のヘルカイト》とともにビーストトークンをレッドゾーンに突っ込む。

しかし三原はあわてず騒がず《雷口のヘルカイト》《戦慄掘り》。さらに《スラーグ牙》プレイでライフも安心! 萩原の口から溜め息が頻繁に漏れる……そんなに溜め息ついたら幸せが逃げちゃうぞ!

で、《信仰無き物あさり》フラッシュバックから墓地に《グリセルブランド》《堀葬の儀式》が送り込まれて即座に一本釣りされ、これが攻撃して、ライフをカードに変換する循環が回りだす。さらに嫁(《オリヴィア・ヴォルダーレン》)もプレイ。

萩原は渾身の《忌むべき者のかがり火》を X=4 で放つが、まったく解決になってない。あとは三原がかたっぱしからポンポンとプレイするだけで試合は終わってしまった。

三原 1-0 萩原


ただ、萩原からすればこのメインの負けは織り込み済み。本番はこれからなのだ。


IMG_4446

三原のサイドボード

in
1 《死儀礼のシャーマン》
2 《天啓の光》
1 《血統の切断》
2 《見えざる者、ヴラスカ》
out
2 《轟く激震》
3 《未練ある魂》
1 《忌まわしい回収》

萩原のサイドボード

in
3 《忘却の輪》
2 《安らかなる眠り》
1 《士気溢れる徴集兵》
out
2 《大軍のワーム》
1 《高原の狩りの達人》
1 《国境地帯のレインジャー》
1 《忌むべき者のかがり火》
1 《セレズニアの魔鍵》

Game 2

萩原先手。萩原ダブルマリガン。昨日も同じようなシーンを見た気がする。デジャ・ヴ?

三原が 2 ターン目に《信仰無き物あさり》、ここで 2 体《グリセルブランド》を落とす。それ以前の問題で、萩原は《山》《ケッシグの狼の地》で土地が止まる。

三原はここで《ケンタウルスの癒し手》 2 体を投入してビートダウン開始。萩原は動かない。3 枚目の土地は念願の《陽花弁の木立ち》だが、タップイン。

三原はさらに追い打ちの《スラーグ牙》! ……これ、ミッドレンジだったっけ?

萩原、《ケンタウルスの癒し手》を必死に《忘却の輪》するが、三原が《信仰無き物あさり》で嬉々として《天啓の光》を捨てているのを見て、萩原は手札に来てしまった《忌むべき者のかがり火》をさらしながらカードを片付けたのだった。

萩原 「かえろかえろ……」

三原 2-0 萩原


萩原のお約束の展開とともに、ここで三原の逆転 PoY が確定した。

Tags: Report

編集