«ラウンド 13: 武田 浩信(千葉) vs 佐藤 和真(.. 最新 ラウンド 14: 佐藤 和真(千葉) vs 嶋田 雅彦(..»

WPN Premium Tournament - LMC Championships 2012

LMC Championships

ラウンド 13: 有田 隆一(千葉) vs 武田 浩樹(埼玉)

Written by Makoto Ohtani

有田 「ちぇけだ(武田)のデッキ知らんねん」

武田 「昨日産まれて今日やっと首が据わったからね」

有田 「で、そのスタンでいくつなん?」

武田 「ここまで 5-1」

13 ラウンドまで進んでデッキの中身を知られていない武田のデッキは果たして?

Game 1

後手武田《魂の洞窟》で「ゾンビ」、あっさり内容が判明。ジャンドカラーのようだ。《墓所這い》からの《ラクドスの哄笑者》を有田に《本質の散乱》されると、そのまま土地が 2 枚で詰まってしまう。

一方有田は順調に土地が伸びていくコントロールらしい展開になっていくが、《アゾリウスの魔鍵》と一度の《思考を築く者、ジェイス》以外のアクションが取れない。

有田 「土地しか引かへんねん」

《スフィンクスの啓示》で 4 枚引いてなおアクションを取らない有田。

Sphinx's Revelation

そうこうしているうちに 8 ターン目にしてようやく 3 枚目の土地を引き込んだ武田は、すぐさま《ゲラルフの伝書使》をプレイ、これが許可されると次ターンも土地、《怨恨》《ゲラルフの伝書使》2 号機を展開し、遅ればせながらライフのプレッシャーをかける。

これは《イゼットの魔除け》で対処するわけにいかない。有田は 2 回目の《思考を築く者、ジェイス》を設置、すぐさま[-2]を起動すると 3 枚の中に満点の答えがあった。

《拘留の宝球》である。

しかし世界各地のグランプリに参戦し続ける武田もさるものである。手札からもう一枚の《ゲラルフの伝書使》をプレイ、さらに《墓所這い》《ロッテスのトロール》を追加するが……。

土地を引き続けた有田の超ビッグアクション、《スフィンクスの啓示》X=9!

メインフェイズで満を持して《終末》、更に《月の賢者タミヨウ》でフタをする体制が整うと武田は場を畳んだのだった。

有田 1-0 武田

有田のサイドボード

in
3 《至高の評決》
1 《火柱》
out
2 《本質の散乱》
1 《熟慮》
1 《思考を築く者、ジェイス》

Game 2

先行武田、ふたたびの 1 ターン目《墓所這い》から、《怨恨》に追加の《墓所這い》とロケットスタート。

これには有田《拘留の宝球》で対処するが、更に追加の《墓所這い》、武田の手に戻った《怨恨》《ロッテスのトロール》でクロックを維持する。

《イゼットの魔除け》《月の賢者タミヨウ》で場を捌くもライフは 2。

すると今度はライブラリトップからの《終末》

場をまっさらにした有田はそのまま手札から《思考を築く者、ジェイス》をプレイ、《熟慮》と土地を手に入れる。

全体除去を警戒していた武田からは《ラクドスの哄笑者》が放たれるが、《静穏の天使》までマナが伸びた有田は盤石の体制となり、最後は《月の賢者タミヨウ》奥義からの《火柱》16 点で武田を焼き尽くした。

有田 2-0 武田


--なぜ《思考を築く者、ジェイス》を 1 枚抜いたのですか?

有田 「ジャンドカラーだから《殺戮遊戯》が考えられるし、《思考を築く者、ジェイス》は手札に持って(機を伺って)いることも多いからな」

名プレイヤーの選択には、必ず理由がある。新カードにも警戒を怠らなかった有田が、Top 8 戦線に踏みとどまった。

Tags: Report

編集