«ラウンド 12: 日下部 修一(千葉) vs 宮本 寛弥.. 最新 ラウンド 13: 有田 隆一(千葉) vs 武田 浩樹(..»

WPN Premium Tournament - LMC Championships 2012

LMC Championships

ラウンド 13: 武田 浩信(千葉) vs 佐藤 和真(千葉)

Written by Yusuke Isayama

IMG_0379

シングルエリミネーションではスイスラウンドの順位が高いものが先手後手の選択権を得る。

そのため既に 10 勝し Top 8 行きのチケットを持っている武田は、何も言わずに席に着く。勝っても負けても Top 8 なら勝って先手を得るほうがリターンが大きい。ID する旨みが薄い。

反対に佐藤は勝つことでしかチケットを入手できない。ID など持っての外。こちらも静かに席に着く。

サイドボードの枚数確認が行われ、厳かな空気の中響くのはダイスの音だけ。先手と Top 8 入り、欲するものは違えど手に入れるための戦い。

Game 1

佐藤 1 マリガン、武田 2 マリガンでゲームスタート。佐藤が先手分で《灰の盲信者》で打点を生んだあと、武田が《灼熱の槍》で除去する立ち上がり。

武田が《聖トラフトの霊》を出したことで少し考えた佐藤、《灼熱の槍》を武田に突き刺し《ファルケンラスの貴種》を走らせる。

一見すると武田不利だが、《聖トラフトの霊》の打点の高さは前環境から知るところである。

2 体目の《ファルケンラスの貴種》《雲散霧消》し、2 度目のアタック。4 マナオープンでターンを返し《悪名の騎士》の賛美で突っ込んできた《ファルケンラスの貴種》《修復の天使》でキャッチ。

3 度目のアタックの後《火柱》できっちり 20 点。

Geist of Saint Traft

これが《聖トラフトの霊》

武田 1-0 佐藤

IMG_0378

Game 2

《ラクドスの哄笑者》《灰の盲信者》《火柱》で順調に除去していく武田だが、《蒸気孔》を置いたのみで 2 枚目の土地を置かない。正確には置けないのだ。

ほぼ勝ったと見た佐藤は《強迫》で武田のハンドを覗き 3 本目へ情報量を増やした後、《ヘルホールのフレイル使い》を解鎖して《悪名の騎士》で賛美を付けてアタック。

2 回目の《強迫》も打ち込んで十分に情報を仕入れて武田を撲殺。

武田 1-1 佐藤


自分のサイドボーディングが間違っていないと判断したか、佐藤はサイドボードに触れず。反対に武田は自分が先手のため攻めのためのサイドボードをした様子。

Game 3

佐藤、痛恨のダブルマリガン。《灰の盲信者》には《本質の散乱》をあわせ、《ヘルホールのフレイル使い》《地下牢の霊》で封じる武田。

攻めないと勝てない佐藤は《硫黄の流弾》《地下牢の霊》に打ち、解鎖で《ラクドスの哄笑者》。これと《流城の貴族》で攻勢をかける佐藤はこのまま一気に決めなければならない。

ダブルマリガンしている分だけ、1:1 交換を続ければ確実に武田に軍配が上がってしまう。アドバンテージを稼がれる前に素早くゲームを決めたいのだ。

逆に武田は長引かせるプランを選択する。

《ヘルホールのフレイル使い》 2 体は《拘留の宝球》で処理し《ラクドスの哄笑者》に空《瞬唱の魔道士》をあわせ除去を使わせる。これで佐藤を出がらしにさせた武田は万を辞して《聖トラフトの霊》を設置。

青黒フェアリーで培った計算力を有する武田、こうなれば独壇場。各ターン緻密に、それでも素早く計算し最短で佐藤のライフを削りにかかる詰め将棋。

数ターン後、武田の計算に狂いが無いことが証明された。

武田 2-1 佐藤


負けてしまった佐藤だが、次のマッチで勝てば Top 8 に滑り込める可能性が残っている。シングルエリミネーションで武田にリベンジしてくれることを楽しみにしたい。

Tags: Report

編集