«ラウンド 12: 渡辺 竜二(千葉) vs 菅谷 裕信(.. 最新 ラウンド 13: 武田 浩信(千葉) vs 佐藤 和真(..»

WPN Premium Tournament - LMC Championships 2012

LMC Championships

ラウンド 12: 日下部 修一(千葉) vs 宮本 寛弥(千葉)

Written by Yui Takagi

047

LMC 名物キャラの激突。宮本は初日全勝で迎えた 2 日目、ここまでなんと 4 連敗してがけっぷちに追い込まれていた。この悪い流れを何とか払拭できるか?

一方、日下部は LMC の誇る「リアルラクドス」、歯にモノを着せない過激な発言は LMC マガジンや Twitter で物議を醸している。この大会でもダイスロールで相手に 6 面を振らせた挙句自身は 20 面を使用するなど、ラフファイトが止まらない。

この男、なにかをやらかさないわけがない!

Game 1

日下部先手。宮本は昨日でカルマを使い切ったのかトリプルマリガン。

日下部は 2 ターン目に《絡み根の霊》攻撃。宮本はギルドランドのアンタップインを経て《血の署名》。ライフは 12 まで落ちるが《吸血鬼の夜鷲》で日下部の進撃を止める。日下部の繰り出した《高原の狩りの達人》《戦慄掘り》

さらに宮本は《小悪魔の遊び》で狼トークンを焼きようやく《吸血鬼の夜鷲》を攻撃に回すが、まもなく日下部の場に《スラーグ牙》が現れる。

宮本は小考後、《スラーグ牙》《小悪魔の遊び》フラッシュバックで焼き《吸血鬼の夜鷲》で殴る決断をする。日下部はビーストと《絡み根の霊》で反撃し、2 枚目の《スラーグ牙》を用意。

宮本は《ラクドスの魔鍵》をセットし守りに入るが、かまわず日下部は《スラーグ牙》とビーストでの攻撃を敢行。ブロックされたビーストには《セレズニアの魔除け》でパンプ。《スラーグ牙》《吸血鬼の夜鷲》と相打ち。

宮本は残されたビーストトークンを《戦慄掘り》し、《高原の狩りの達人》。ライフは 7 だがひとまず耐えきったか?

いや、日下部が手札から《忌むべき者のかがり火》を放ち宮本の盤面は崩壊して終戦。

日下部 1-0 宮本

日下部のサイドボード

in
1 《忘却の輪》
2 《酸のスライム》
1 《情け知らずのガラク》
1 《原初の狩人、ガラク》
2 《士気溢れる徴集兵》
1 《雷口のヘルカイト》
out
4 《セレズニアの魔除け》
1 《遥か見》
1 《高原の狩りの達人》
2 《忌むべき者のかがり火》

宮本のサイドボード

in
3 《血統の切断》
out
1 《見えざる者、ヴラスカ》
2 《血の署名》
046

Game 2

今度はお互いマリガンなくスタート。

宮本は土地や《ラクドスの魔鍵》を並べ続ける。日下部は《絡み根の霊》《高原の狩りの達人》と並べていくが、《ラクドスの魔鍵》を通過できない。

宮本は《高原の狩りの達人》《戦慄掘り》。日下部は《酸のスライム》《ラクドスの魔鍵》を割ることで攻撃の道を作るが、すかさず宮本が《ミジウムの迫撃砲》の超越で日下部軍勢を一掃する。

これで一息つけるかと思いきや、日下部は《スラーグ牙》を駆り立てる。《吸血鬼の夜鷲》を出した返しも日下部は全軍突撃、ブロックされた《スラーグ牙》《修復の天使》で救出。さらに《セレズニアの魔鍵》も追加。

宮本も《スラーグ牙》を出し返すが、日下部がとにかく前のめりに全軍を夜露死苦ブッコんでいく。宮本は土地を引きすぎたか。

宮本のライフは残り 6。最後の願いにと……ここで引いたのは《オリヴィア・ヴォルダーレン》。日下部はさらに《絡み根の霊》を追加してフルアタックするが、宮本はなんとかライフを 1 残す。

日下部 「《セレズニアの魔除け》があれば勝つんだけどなあ~」

びくっとする宮本。そのころ、日下部の《セレズニアの魔除け》が全てサイドボードに眠っているとも知らずに。日下部のクリーチャーはもはや《絡み根の霊》とビーストだけになった。


宮本が場を制圧しきるか?

その前に日下部が火力を引くか?


……引くことはなく、このまま宮本がタイに持ち込む。

日下部 1-1 宮本


日下部 「……まあ、全部サイドなんですけどね~」

宮本 「マジかよ~!びっくりしたわあ~」

日下部 「いや、ここからが本番だ! オレはここで《セレズニアの魔除け》をサイドインする! Yes か、No か!?」

Selesnya Charm

場外でも心理戦を仕掛ける日下部。ワイングラスのワインのようにくるんくるんと回される宮本。

日下部のサイドボード

in
4 《セレズニアの魔除け》
out
3 《絡み根の霊》
1 《高原の狩りの達人》

Game 3

日下部先手。まずはお互いに土地を並べる展開

日下部は《国境地帯のレインジャー》、宮本は《吸血鬼の夜鷲》を展開。さらにお互い《ケッシグの狼の地》を鏡打ちし、盤面はますます緊迫していく。

日下部は《雷口のヘルカイト》を追加するが宮本はこれをただちに《戦慄掘り》。日下部は《情け知らずのガラク》《吸血鬼の夜鷲》を葬り、宮本はこれを《火柱》で葬る。さらに《スラーグ牙》追加し攻撃に回していく。

日下部も《国境地帯のレインジャー》《ケッシグの狼の地》を合わせて相打ちさせ、2 体目の《スラーグ牙》《セレズニアの魔除け》でいなす。

ただ、日下部は残されたビーストトークンの処理に難渋する。やむなく《原初の狩人、ガラク》を出したものの、出したトークンは返しに《ヴェールのリリアナ》で葬られ、《原初の狩人、ガラク》をあっさり失う。

しかし日下部はようやく 7 枚目の土地を引き込んと、手出しで《忌むべき者のかがり火》! 《ヴェールのリリアナ》ごとトークンを葬る、まさに一石三鳥!

宮本は最後の頼み《ラクドスの魔鍵》で殴りかかる。

日下部は《修復の天使》を出すがこれは《ミジウムの迫撃砲》。しかし《ラクドスの魔鍵》は、日下部が《ケッシグの狼の地》でパンプしての《セレズニアの魔除け》

これでお互いに場はまっさらになった。手札もお互いに消耗。いわゆる「仕切り直しや、刃君」状態。ライフは日下部が 2、宮本が 23。

さきに動いたのが日下部の《国境地帯のレインジャー》

宮本は《血統の切断》をトップ。さらに続いて《吸血鬼の夜鷲》も引きリーチをかける。

しかし日下部《忌むべき者のかがり火》トップ! 宮本のライフは 15。これはもしかすればもしかするかもしれ……


宮本 「あっ、《火柱》


……ギャラリーは、静かにその場を離れていった。

日下部 1-2 宮本


実は日下部が 1 ターン早く《ラクドスの魔鍵》を自身でパンプして《セレズニアの魔除け》していればまだわからなかったことを、終了後に本人は悔しがっていた。

ただ、エンターティナーとしてギャラリーを巻き込んで盛り上げてくれたことに、賛辞を送りたい。

一方、宮本はこれでようやく本日初日が出た。なんとかベスト 8 に食い込めるか!?

Tags: Report

編集