«ラウンド 11: 萩原 紀幸(千葉) vs 藤井 大(千.. 最新 ラウンド 12: 日下部 修一(千葉) vs 宮本 寛弥..»

WPN Premium Tournament - LMC Championships 2012

LMC Championships

ラウンド 12: 渡辺 竜二(千葉) vs 菅谷 裕信(千葉)

Written by Yusuke Isayama

IMG_0376

初日 1 戦目から敗北を喫した菅谷だが、現在 3 敗ラインで踏みとどまっていた。アジアを飛び回った経験が、スタートでの躓きから立ち直らせているのだろう。

順風満帆に行かないときこそ気持ちを切り替え前を向き、一歩ずつ歩を進めることが重要であることを菅谷は知っているのだ。

だからここにいる。

対する渡辺、どうやらタイミングよく負けマッチをフィーチャーされていただけらしく、きっちり Top 8 の芽を残している。最近就職も決まり、公私共に充実した生活を送っている様子である。

向かい風でも進む菅谷と追い風で勢いに乗る渡辺。対照的な 2 人のゲームの行方は風の気分次第。

Game 1

1 マリガン後《マナの花》で加速して《ロウクスの信仰癒し人》をプレイする菅谷。渡辺は空《瞬唱の魔道士》から《拘留の宝球》で道を明けてまず 2 点。

菅谷がマナを伸ばし続けるだけでターンを終えた事でファーストダウンを得、《大軍のワーム》《瞬唱の魔道士》からの《雲散霧消》でいなし、《修復の天使》を追加してタッチダウン。

渡辺 1-0 菅谷

IMG_0377

Game 2

またしても禄でもないハンドを配られた菅谷、ディーラーの渡辺に文句の1つも付けたいところだが、冷静にマリガン。《アヴァシンの巡礼者》を連打し、ハンドの《スラーグ牙》をプレイできる体制を整えようとするが、渡辺の《灼熱の槍》がそれを許さない。

《スラーグ牙》を出される公算が低いと見た渡辺は《聖トラフトの霊》をプレイ。菅谷が土地事故から立ち直る間を与えず、ライフを削りきった。

渡辺 2-0 菅谷


菅谷への風当たりは余りにも強かった。

Tags: Report

編集