«Day 1 Wrap Up 最新 2nd Draft: 金澤 恵信(千葉)»

WPN Premium Tournament - LMC Championships 2012

LMC Championships

LMCC2012 最終日観戦ガイド

Written by Yui Takagi

まずは、LMCC2012 開始前のポイントレースから。

LMCC直前のポイントレース
RankPlayerLMC Point
1位 小松智史 57
2位 三原槙仁 56
3位 宮本寛弥 55
4位 萩原紀幸 51
5位 武田浩信 46
6位 春日亮佑 43
 
7位 渡辺竜二 39

ご覧の通り、上位 3 強が今年のパ・リーグを髣髴とさせる大混戦!

そして LMCC で詰められる最大点差「14」の圏内に 6 人がひしめいている状況。詳しくは岩出氏の記事を参照してね!

ちなみに LMCC で与えられるポイントは、追う者にすれば大変世知辛く。

2 位の三原が 1 点差を追いつくためにすら 16 位入賞が必須。

3 位の宮本が 2 点差を追いつくためにはベスト 8 進出が最低条件であり。

萩原は準優勝、武田と春日は優勝しなければ挑戦権がない。

さあ、これをふまえ、初日を終えた上位陣はどうなったか見てみよう!

上位陣初日終了時成績
RankPlayerLMC Point初日順位スタンダードドラフト初日成績
1位 小松智史 57 4位 3-1(3bye) 3-0 6-1
2位 三原槙仁 56 6位 4-0(3bye) 1-2 5-2
3位 宮本寛弥 55 1位 4-0(3bye) 3-0 7-0
4位 萩原紀幸 51 3位 3-1(3bye) 3-0 6-1
5位 武田浩信 46 7位 4-0(3bye) 1-2 5-2
6位 春日亮佑 43 2位 4-0(3bye) 2-1 6-1

なんと全員が初日を終えて 8 位以内! 正直、こんな展開を誰が予想できたろうか……。

そして、このことで明日朝に恐ろしい事象が起こる。

6 人全員が明日のドラフトで同ポッドなのだ!

つまり、次の 3 ラウンドでレースの流れが大きく変わるのは避けられないということ! 誰にもチャンスがある一方、流れを逃せばあっという間に終戦を迎えかねない。

宮本はライアンチャンスをものにできるのか?

小松は逃げ切れるのか?

三原が差すのか?

萩原・武田・春日のメイクミラクルは?

壮絶な戦いを、その目に焼き付けろ!

Tags: Feature

編集