«ラウンド 6: 小松 智史(千葉) vs 渡辺 竜二(千.. 最新 ラウンド 7: 藤井 大(千葉) vs 柳川 智幸(千葉..»

WPN Premium Tournament - LMC Championships 2012

LMC Championships

ラウンド 7: 宮本 寛弥(千葉) vs 武田 浩信(千葉)

Written by Yui Takagi

024

新生 LMCC も、とうとう初日結びの一番。

東方からはここまで全勝の宮本が堂々の登場。前ラウンドは世界の魔王をわずか 15 分で瞬殺しここまで唯一の土付かずでやってきた。昨年の忘れ物を取りに、宮本が駆ける!

一方、西方から立ちはだかるは武田。自身も可能性が薄いながらも逆転 PoY の可能性が残されていることからも、ここであっさり宮本を行かせるわけにはいかない!

Game 1

宮本からのキックオフ。後手の武田がマリガン宣告し 6 枚。

まずは宮本、《ラクドスの切り刻み教徒》で削りに行く。さらに《死の歓楽者》を解鎖で投入。

一方の武田は《平地》を 3 枚並べるだけのサンドバッグ状態。

そのまま宮本があっさりと寄り切った。

宮本 1-0 武田

Game 2

武田先手。

今度は《セレズニアのギルド門》《島》と事故もなく安心のスタート。武田は 2 ターン目《門衛》の入り。

宮本は《流血の家の鎖歩き》解鎖と返すが、これではこの環境のボトルネック「タフネス 4」を超えられない。

武田は《秘密を盗む者》を追加。宮本は《門衛》《究極の価格》でどかし、殴り込み。

武田は返しに《秘密を盗む者》で 1 枚引く。さらに《ケンタウルスの伝令》を呼び込み、これを一度緩衝材としてケンタウルストークンに変える。

宮本は《ラクドスの切り刻み教徒》を出して守備表示とし、かかってきた《秘密を盗む者》と相打ちにする。

武田は 3/2 の《流血の家の鎖歩き》《麻痺の掌握》するが、宮本は《貧民街の刈り取るもの》で有効活用しつつケンタウルスを葬る。

武田、これを《虚無使い》でバウンス。宮本は《ラクドスの切り刻み教徒》のみ。

LMCC2012: Miyamoto Hiroya

武田、《斧折りの守護者》 2 枚追加。宮本は《灰の盲信者》ともども攻撃させ武田に 4 点のダメージを叩き込み《墓所生まれの恐怖》も出して強く攻めたてる。さらに武田の《鐘楽のスフィンクス》には宮本 2 枚目の《究極の価格》! 強い!

武田も潤沢なマナから《角呼びの詠唱》を詠唱すれば、宮本は《見えざる者、ヴラスカ》でサイを葬るとし、これを武田が《根生まれの防衛》でかわすなど、激しく攻守が入れ替わる展開!

結局、カバレッジも追い切れないめまぐるしい攻防、相打ちの末、場は宮本の忠誠度 1 の《見えざる者、ヴラスカ》と、武田の《斧折りの守護者》 2 体のみに。

しかし、ライフが 5 しかない武田を、宮本が引いてきた《リックス・マーディのギルド魔道士》が苛む。

チャンプブロック 2 度を経ても武田は解決策を引くことができなかった。

宮本 2-0 武田


宮本の赤黒タッチ緑にはレアで《群れネズミ》《死滅都市の執政》《見えざる者、ヴラスカ》、除去は《究極の価格》《裏切りの本能》《滅殺の火》が 2 枚ずつと《穴開け三昧》

あの三原を第 6 ラウンドで瞬殺し「勝てねえよ!」と言わしめた、素晴らしいデッキであった。

宮本寛弥、堂々の単独全勝ターン!

Tags: Report

編集