«ラウンド 5: 佐藤 和真(千葉) vs 金澤 恵信(千.. 最新 ラウンド 6: 小松 智史(千葉) vs 渡辺 竜二(千..»

WPN Premium Tournament - LMC Championships 2012

LMC Championships

ラウンド 6: 萩原 紀幸(千葉) vs 春日 亮佑(千葉)

Written by Yui Takagi

025

ここらへんで LMC ではおなじみの二人に登場していただこう。二人はともにライトヘビー級であるほかに、緑赤が好きだったりともに今年のドラフトボーナスポイントを 8 点ずつ稼いだりと共通点が多い。格ゲーでいえば、リュウとケンくらいの性能差である。

ただ、いくら共通点が多かろうと、この場の勝者はたった一人!

Game 1

先手萩原。お互いに 7 枚ずつの手札でスタートできる幸運な出だし。

萩原は 2 ターン目に《協約のペガサス》、3 ターン目《臣下の魂》と展開。

しかし春日は《護民官のサーベル》《ヴィトゥ=ガジーのギルド魔道士》《ケンタウルスの癒し手》とテンポよく繰り出し、思わず萩原が台パンする。

萩原は《魂誓いの霊》を出し《ケンタウルスの癒し手》を留置するとともに確実なクロックを用意。春日の色ではクリーチャーに手を出すのは至難の技だろう。春日は《ヴィトゥ=ガジーのギルド魔道士》で攻撃。これを萩原スルー。

萩原は返しでフルパン。春日はスルーしてライフは 14 に。本陣に《門衛》を置く。春日はエンドに《天空の目》をプレイし航空戦力を補充。この段階で 4 マナそろっていることから今後居住祭りの予感。

返しの春日がフルパン、萩原はすべてスルーしてライフを 13 に。お互いに技を請け合うプロレスさながらの様相。

春日は《そびえ立つインドリク》で萩原の攻め手を抑え込む。萩原は《魂誓いの霊》のみで攻撃して終了。

春日の盤面が横に長くなってくる。返しはサーベル装備して《ケンタウルスの癒し手》のみの攻撃。これで萩原のライフは 8 だ。

鳥の群れは萩原の盤面で抑え込まれている。土地 5 枚でケンタウロスはまだ出せない春日はここで考える。

春日 ライフ 10
《ヴィトゥ=ガジーのギルド魔道士》《ケンタウルスの癒し手》鳥 2 体《そびえ立つインドリク》
萩原 ライフ 8
《魂誓いの霊》《協約のペガサス》《臣下の魂》《門衛》

《アゾリウスの拘引者》を出し《協約のペガサス》留置、魔道師以外をフルパンするがサーベルの付いた《ケンタウルスの癒し手》《アゾリウスの魔除け》《臣下の魂》にブロックされた鳥に《力の合唱》するも、萩原は《劇的な救出》で許さない。《護民官のサーベル》《アゾリウスの拘引者》に。

萩原はこの隙に《臣下の魂》《魂誓いの霊》で攻撃、春日のライフを 6 へ落とし込む。

こうなると膠着した場にいよいよ《魂誓いの霊》は脅威となる。春日は《ヴィトゥ=ガジーのギルド魔道士》《護民官のサーベル》つけて攻撃。萩原も残り 4 のデンジャーゾーン。続いてトップに帰っていた《ケンタウルスの癒し手》を出すが、これは《取り消し》される。

萩原、《臣下の魂》《魂誓いの霊》の攻撃。《臣下の魂》を春日がいぶかしげに《そびえ立つインドリク》で受ける。

萩原 「まちがえた!」

《臣下の魂》が墓地へ。萩原、恥ずかしそうに《凍結燃焼の奇魔》を出す。

しかし、春日は《魂誓いの霊》の回答を出せない。萩原はとどめに《フェアリーの騙し屋》《魂誓いの霊》を戻して出して反撃を封じ、この長い長いゲームをひとまず制した。

萩原 1-0 春日

Game 2

026

春日の先手。まずは 3 ターン目、春日が《封鎖作戦》で騎士トークンを出す。萩原は《臣下の魂》

春日は騎士トークンで殴り《そびえ立つインドリク》。しかし萩原は《アゾリウスの大司法官》でアヘ顔ダブル留置して飛行で攻撃する。

春日は《ケンタウルスの癒し手》でライフを 21 にもどす。萩原はさっき勝利に導いた《魂誓いの霊》を出し《ケンタウルスの癒し手》留置すると負けじと春日も《アゾリウスの拘引者》《アゾリウスの大司法官》を留置し《そびえ立つインドリク》と騎士で攻撃。萩原のライフを 14 に落とす。萩原は淡々と《魂誓いの霊》で殴る。

全体的にクリーチャーサイズのでかい春日は全軍攻撃を仕掛ける。

しかし萩原は《圧縮》を超過詠唱。このままでは 2 体ほど一方的に討ち取られるのを嫌って、春日は《臣下の魂》《空中捕食》を打ち込む。

萩原は《アゾリウスの大司法官》《騎士の勇気》をまとわせて《魂誓いの霊》と攻撃。春日のライフは 17 へ。

春日は極度にサイズのでかい《斧折りの雄鹿》を投入。萩原も《空印のロック》を投入。

春日の《斧折りの雄鹿》攻撃に対し、萩原はフルブロックを敢行。《アゾリウスの大司法官》と騎士トークンと相打ち。春日は追加で《通りの掃除機》追加。

一見萩原は苦しくなった。アタックし春日を 14 に落とすが、クロックの差は歴然。春日のフルパンに対し《通りの掃除機》《アゾリウスの魔除け》で追い帰す。

そして、機は熟した。

満を持してプレイした萩原のカードは《三巨頭の執政官》

華麗なる逆転手!

春日は次のトップがわかっているので、これをみて場のカードを掃除したのだった。

萩原 2-0 春日

Tags: Report

編集