«ラウンド 5: 三原 槙仁(千葉) vs 武田 浩信(千.. 最新 ラウンド 6: 萩原 紀幸(千葉) vs 春日 亮佑(千..»

WPN Premium Tournament - LMC Championships 2012

LMC Championships

ラウンド 5: 佐藤 和真(千葉) vs 金澤 恵信(千葉)

Written by Yusuke Isayama

IMG_0368

普段は松戸で原田真雄、宮本寛弥らとプレイしているらしい佐藤は、今期の獲得ポイントこそ 5 点で低く見えるが参加回数 3 回でここまで稼いでいるのである。安定した実力がうかがえる。これでもし参加回数が他のプレイヤーと同じだったら、あるいはポイントレースに絡んでいたかも知れない。来年の LMC ポイントレースに期待したい人物である。

佐藤が構築で稼ぐプレイヤーであれば、金澤はドラフトで稼いだプレイヤーだ。

今年からドラフトでも 3-0 すれば LMC ポイントが 1 点入るようになったのだが、金澤は本戦で稼いだポイントと近い数字をドラフトで稼ぎ出している。

一般的に LMC ポイントとドラフトポイントの差は 10 点以上あるのだが、金澤はなんと 3 点。どれほどドラフトで稼いできたのだろうか。

第 5 ラウンドを迎えて構築戦からドラフト戦へ。金澤の土俵へと移ったこの一戦、正直なところ純粋なドラフトの実力で佐藤が勝つのは難しいと思われる。

だが、ラヴニカ環境へと移って間もない今ならば、ドラフト巧者の金澤を打ち負かすことができるかもしれない。

佐藤の奮戦に期待したい。

Game 1

金澤の《議事会の招集/Call of the Conclave》を《劇的な救出/Dramatic Rescue》するところからゲームスタート。《そびえ立つインドリク/Towering Indrik》《野面背のサイ/Rubbleback Rhino》《蠢く甲虫/Drudge Beetle》と展開していく金澤に対し、佐藤は《協約のペガサス/Concordia Pegasus》を出すのみ。

ずいぶん大人しいと思ったところ、おもむろに《正当な権威/Righteous Authority》をまとわせて攻撃。お互いの打点が 7 点ずつのため、ドローできる分自分が有利と判断した佐藤だったが、X=6 でキャストされた《スライム成形/Slime Molding》を前にして長考。

下手をすると次のターンライフが 0 になる状況に追い込まれた佐藤、緻密な計算の後《凍結燃焼の奇魔/Frostburn Weird》をプレイしてターンエンド。少しでも時間を稼いでカードを引き増す公算のようだ。

金澤は 6/6 のスライムと《野面背のサイ/Rubbleback Rhino》でアタック、《共有の絆/Common Bond》を持っているため普通にブロックされたぐらいではクリーチャーを失わない。

それを知らない佐藤は 1 体ずつブロックしてしまう。

みごと金澤の計略にはまった佐藤、《報復の矢/Avenging Arrow》で文字通り本当に、一矢だけ報いて投了を宣言した。

佐藤 0-1 金澤

Game 2

IMG_0369

佐藤、後手を選択。どうやらコントロールよりのデッキのようだ。金澤が緑マナしか出ないハンドをキープし、佐藤は 1 マリガン。

《審判官の使い魔/Judge's Familiar》《太陽塔のグリフィン/Sunspire Griffin》と上からトリッキーに攻める佐藤に対し、《幽霊の将軍/Phantom General》《野面背のサイ/Rubbleback Rhino》で下から力強く攻める金澤。

佐藤は《軽騎兵の巡視部隊/Hussar Patrol》で優しく《野面背のサイ/Rubbleback Rhino》を受け止め、5/5 の《スライム成形/Slime Molding》には《アゾリウスの魔除け/Azorius Charm》、

《狩猟者の協定/Coursers' Accord》に《取り消し/Cancel》をあわせて《門衛/Doorkeeper》で地上を固め《ルーン翼/Runewing》も一緒に攻撃して《素早い正義/Swift Justice》でライフゲイン。

完全に金澤を絡めとり 3 本目へともつれ込んだ。

佐藤 1-1 金澤

Game 3

多少問題があっても 7 枚のハンドをキープしてきた金澤だったが、初手を見るなりマリガン。佐藤は恒例行事のように淡々とマリガン。

佐藤の《審判官の使い魔/Judge's Familiar》がコツコツとダメージを生み出すのを羨ましそうに見ながら 4 ターン目《幽霊の将軍/Phantom General》が初動の金澤。

これを止めるために出てきた《協約のペガサス/Concordia Pegasus》を突破するべく《共有の絆/Common Bond》でパンプアップする金澤だが、《劇的な救出/Dramatic Rescue》でハンドに戻されてしまう。

さらに《協約のペガサス/Concordia Pegasus》に《正当な権威/Righteous Authority》がついてしまい万事休す。

金澤、得意なフォーマットで苦渋をなめるスタートとなった。

佐藤 2-1 金澤

Tags: Report

編集