«ラウンド 3: 三原 綾(千葉) vs 田村 陽平(千葉.. 最新 ラウンド 4: 武田 浩信(千葉) vs 渡辺 竜二(千..»

WPN Premium Tournament - LMC Championships 2012

LMC Championships

ラウンド 4: 三原 槙仁(千葉) vs 萩原 紀幸(千葉)

Written by Yui Takagi

015

スタンダード最終ラウンドではあるが、ついにここで 3 Bye Player がすべて覚醒し本当の LMCC が幕をあげる。ここは、PoY の可能性を残す 2 人の激突をご紹介しよう。

三原は泣く子も黙る世界の「魔王」。

ここ 2 年は LMCC の時期になるとなぜか中国出張とかぶり出場ができなかったが、満を持してついに今年 3 年ぶりの出場となった。小松の横暴に「ホンモノ」が No を突きつける。

一方、「一没の帝王」とも揶揄される萩原は、逆に言えばそれほど頻繁にトップ 8 に出没する「予選の帝王」ともいえる強豪である。この予選においてはこの男、魔王すらやすやすと止めうる。


三原 4C リアニメイト

萩原 ナヤミッドレンジ

Game 1

三原先手。三原 6 枚、萩原 7 枚のスタート。

三原は開幕から《信仰無き物あさり》《根囲い》《忌まわしい回収》で墓地をひたすら肥やす。一方の萩原は 3 ターン連続土地をタップイン……何もプレイできない。

三原は 4 ターン目に《グリセルブランド》の一本釣り。萩原はこれに干渉することができず、《グリセルブランド》が殴っては三原の手札が肥える機関がぐるぐる廻り出す。

さらに《静穏の天使》も釣れて本日は大漁!(自らの墓地の《オリヴィア・ヴォルダーレン》《ケンタウルスの癒し手》《スラーグ牙》をリムーブ)

萩原はようやく《スラーグ牙》を出し《修復の天使》でちらつかせてみたものの……これこそまさに「焼け石に水」ってやつだった。

三原 1-0 萩原

Game 2

014

お互い 7 枚からの開始。2 ターン目に萩原は《遥か見》でマナを伸ばし、三原は《信仰無き物あさり》で墓地を肥やす。

第 3 ターン。萩原は《寺院の庭》をアンタップインで出しエンド。どう見ても《修復の天使》の構えだが三原は《信仰無き物あさり》をフラッシュバックするのみ。萩原は《修復の天使》、そして《スラーグ牙》と展開していく。

三原は《グリセルブランド》を釣り上げるが、萩原はこれに《忘却の輪》を合わせる。三原はここで《スラーグ牙》を鏡打ちにして萩原の攻撃から身を守る。さらに三原は墓地に墜ちた《スラーグ牙》《堀葬の儀式》する。さらにいやらしい《死儀礼のシャーマン》も盤面へ。

萩原の《修復の天使》がこつこつと三原のライフを削る。

しかしライフが3となりもう少し……というところで《戦慄掘り》で天使は地に墜ち、地上の消耗戦を経た萩原の場はまっさらに。三原は《ケンタウルスの癒し手》でさらにライフを安全圏に引き上げていく。

萩原は《国境地帯のレインジャー》《高原の狩りの達人》で盤面の再構築を試みるが、三原の場に満を持して現れた《見えざる者、ヴラスカ》が、ついに《グリセルブランド》を戒めた《忘却の輪》を弾き飛ばす。地上はがっちり。空には悪魔。三原は《ケンタウルスの癒し手》を攻撃に送る。

三原のライフは 6 だがまさに「わが軍は圧倒的」、これで勝負ありか……。

いや、萩原の目は死んでいなかった! ここでくり出したのは《雷口のヘルカイト》《グリセルブランド》が寝かされる。そしてフルアタックすると三原のライフは 0 を割るのだった

三原 「《ケンタウルスの癒し手》のアタックが敗着だったか……」

三原 1-1 萩原

Game 3

三原先手。萩原がマリガン。6 枚の手札にも苦悩の表情を浮かべて 5 枚に。

三原は第 2 ターンに《信仰無き物あさり》して《グリセルブランド》《堀葬の儀式》のセットを送り込む。萩原は《遥か見》でマナをブースト。

三原が 3 ターン目《根囲い》経由で《グリセルブランド》を釣り上げるが、これにはきっちり《忘却の輪》を合わせる萩原。

ただ、ダブマリのためプレッシャーが用意できていない萩原。3 ターン目に出した《セレズニアの魔鍵》で殴ることしかできない。

さらに三原の《見えざる者、ヴラスカ》が再び《グリセルブランド》の封印を解く。

萩原は 2 枚目の《忘却の輪》で必死に再封印し、《セレズニアの魔鍵》《見えざる者、ヴラスカ》を葬るが、三原は《根囲い》で落としていた 2 枚目の《グリセルブランド》を釣りあげる。萩原は《大軍のワーム》で対抗するが、三原は冷静に《スラーグ牙》《戦慄掘り》で頭を押さえる。

盤面は魔王が支配し、もはや帳は下りていた。

最後に三原が手向けた餞は、《静穏の天使》

三原 2-1 萩原

Tags: Report

編集