«ラウンド 3: 金澤 恵信(千葉) vs 及川 真史(千.. 最新 ラウンド 4: 三原 槙仁(千葉) vs 萩原 紀幸(千..»

WPN Premium Tournament - LMC Championships 2012

LMC Championships

ラウンド 3: 三原 綾(千葉) vs 田村 陽平(千葉)

Written by Yusuke Isayama

IMG_0365

黒の種族デッキといえば何を思い浮かべるだろう?

昔からやっている人なら「傭兵」だろうか?

筆者が思うに大抵の人は「ゾンビ」の名前を挙げるのではないだろうか。

この質問、少なくとも黒赤ゾンビを使う三原はそう答えるだろう。前環境から引き続き存在する無視できないデッキの一つだ。

では対戦相手の田村の回答は?

その答えこそ今回フィーチャーした理由である。

恐らくは誰も見向きもしなかったであろう、まさかの「種族:ネズミ」である。

《群れネズミ》《墓所這い》《ヴェール生まれのグール》などを捨てることでアドバンテージの損失を防ぎつつ、ネズミ算式に打点を増やしていくデッキである。打ち込まれそうな除去はあらかじめ《貪欲なるネズミ》で取り除くことでケアするらしい。

増殖能力に長けるネズミが死肉を食い荒らすところを見てみたい所存。

Game 1

三原が一気に《戦墓のグール》《墓所這い》を合計 4 体並べる。

さらに、田村デッキの存在意義である《群れネズミ》《火柱》でこんがりと焼き払い、ネズミもろとも美味しく田村を頂いたのだった。

わずか数ターンの、あっという間の出来事。

三原 1-0 田村

Game 2

IMG_0364

田村が《死儀礼のシャーマン》《墓所這い》を牽制。

そんなの関係ないと《墓所這い》をプレイしてみせる三原。立て続けに《ゲラルフの伝書使》《血の芸術家》、ダメ押しに《戦墓のグール》 2 体。

田村は《究極の価格》《ゲラルフの伝書使》を墓地に落とし、《死儀礼のシャーマン》で戦線復帰を阻みつつ失われた 2 点を取り戻す。

の、だ、が、マナフラッドに見舞われた上《沼》を引き込めない田村、一方的に殴られながら三原の《オリヴィア・ヴォルダーレン》が育っていくのを《もぎとり》を握り締めたままデッキを片付けたのだった。

三原 2-0 田村

Pack Rat

今回は炸裂しなかった《群れネズミ》だが、いざ起動し始めるとあっという間に手が付けられないサイズと数を展開できるので、皆さんにも是非試していただきたい。

Tags: Report

編集