«ラウンド 2: 有田 隆一(千葉) vs 山内 一史(神.. 最新 ラウンド 3: 金澤 恵信(千葉) vs 及川 真史(千..»

WPN Premium Tournament - LMC Championships 2012

LMC Championships

ラウンド 2: 山本 定明(千葉) vs 吉森 奨(神奈川)

Written by Yusuke Isayama

IMG_0363

グランプリ Top 4 入り、プロツアーへの出場経験もある吉森。普段仕事が忙しいながらも西へ東へと移動しマジック活動を精力的に行っている。

つま先から頭のてっぺんまでマジックに浸かり曰く「マジックしないと死んじゃう」らしい。もはやジャンキー。

マジック履歴書に書ける功績こそないが、ジャンキー度合いなら山本も負けていない。

毎週絶対に LMC に現れ、時間が許す限りドラフトをし続ける。わき目も振らず息つく間もなくプレイし続ける姿勢は好きの範囲を超えているだろう。

ジャンキー度の比べ合いが始まる。

Game 1

1 マリガン後、土地 2 枚で止まる山本。対照的に吉森は《アヴァシンの巡礼者》 2 連打から《根囲い》《ファルケンラスの貴種》とプレイ。

どうやら吉森は《栄光の目覚めの天使》による無限ライフ搭載型のリアニメイトのようだ。

というのが分かったところで山本が投了。《氷河の城砦》《僻地の灯台》が見えたので白青赤のコントロールだろうか?

山本 0-1 吉森

Game 2

IMG_0362

今度は 3 枚目までスムーズに土地を並べる山本。《真髄の針》《ファルケンラスの貴種》を指定、《アヴァシンの巡礼者》《高原の狩りの達人》《火柱》《瞬唱の魔道士》でいなし《聖トラフトの霊》を出して体制十分。

どうやらコントールではなくクロックパーミッションに近いデッキのようだ。

これを受けて吉森は《見えざる者、ヴラスカ》《瞬唱の魔道士》を除去、《ファルケンラスの貴種》を追加してダメージレースを先行する。

山本は冷静に《聖トラフトの霊》の天使トークンで《見えざる者、ヴラスカ》を、《イゼットの魔除け》《ファルケンラスの貴種》をそれぞれ墓地に叩き込み、ついでにその墓穴に吉森も入れて見せた。

山本 1-1 吉森

Game 3

《アヴァシンの巡礼者》《イゼットの魔除け》《群れの統率者アジャニ》《中略》《ファルケンラスの貴種》《修復の天使》がそれぞれ交換されていく。

2 体目の《ファルケンラスの貴種》《火柱》で除去し、天使をレッドゾーンへと送り込む山本。吉森は除去された《ファルケンラスの貴種》を 3 ゲーム目にしてやっとキャストされた《堀葬の儀式》で連続して送り出し、山本に回答を迫り続ける。

《ムーアランドの憑依地》で一度は逃げ切った山本だったが《堀葬の儀式》《ケッシグの狼の地》と吉森が引き込んだことで天秤は元に戻らないほど傾いた。

山本 1-2 吉森

Tags: Report

編集