«ラウンド 1: 菅谷 裕信(千葉) vs 日下部 修一(.. 最新 ラウンド 2: 山本 定明(千葉) vs 吉森 奨(神奈..»

WPN Premium Tournament - LMC Championships 2012

LMC Championships

ラウンド 2: 有田 隆一(千葉) vs 山内 一史(神奈川)

Written by Yui Takagi

LMCC2012: Arita Ryuichi

Twitter で「今年は勝ちたい所存」と決意を語った有田。「4 times Pro Tour Top 8」という、K-1 のアーネスト・ホーストのような肩書を持つ。

ただ、最近は仕事などプライベートも盛りだくさんのため、なかなかマジックに大きな爪痕を残せないでいる。ここで古豪復活の雄叫びをあげられるか?

対戦相手であり同じく LMC 常連である山内を試合前から「かわいがる」有田。まるでライオンに睨まれたウサギのごとし。ここに、LMC のヒエラルキーが見え隠れしている。

がんばれ、山内! 負けるな、山内!


有田 トリコロールコントロール

山内 白緑ビートダウン

Game 1

有田先手。7 枚キープ。一方の山内はオーラに押されたのかいきなりダブルマリガン。有田は初戦も相手をマリガン地獄に追いやったらしい。やだやだ、プロは怖い。

有田はコントロールらしく土地や《アゾリウスの魔鍵》を淡々と並べる。

山内はタップインから 2 ターン目に《アヴァシンの巡礼者》の入り、これを有田が《イゼットの魔除け》で葬る。山内、緑マナが出るのは《陽花弁の木立ち》だけなのに 2 体並ぶ《東屋のエルフ》

しかし有田はクロックとなるのを嫌ってか《終末》。無慈悲!

山内が《スレイベンの守護者、サリア》を展開するのも構わず有田は《思考を築く者、ジェイス》を投入。プラス能力を起動しサリアを《火柱》に叩き込む。

山内、《忘却の輪》でお伺いを立てるが《イゼットの魔除け》で退けられますます苦しい。《セレズニアの魔除け》で騎士トークンを生産し《思考を築く者、ジェイス》を執拗に殴るが、パワーを下げられているので忠誠値がなかなか減らない。

ただ、有田も土地がフラッド気味でなかなかフィニッシュに向かえない。

そうこうしているうちに山内は《銀刃の聖騎士》を召還。これは許可され騎士トークンが《思考を築く者、ジェイス》を削るスピードは 2 倍になるが、有田は《スフィンクスの啓示》でライフと手札を充実。さらに詰まっている山内の土地を《月の賢者タミヨウ》で縛り、騎士トークンを《拘留の宝球》で拘束。

山内は返しで聖騎士の結魂相手をみつけ、《思考を築く者、ジェイス》をようやく退けるが、有田は《瞬唱の魔道士》からの《終末》。それにしても山内の土地が本当に伸びない。返しのクロックも強烈なものは用意できていない。

そしてついに有田が《静穏の天使》に到達し、山内の盤面は土地のみに。《荘厳な大天使》《本質の散乱》で散らされゲームセット。

有田 1-0 山内

有田のサイドボード

in
1 《火柱》
2 《至高の評決》
out
1 《アゾリウスの魔鍵》
1 《拘留の宝球》
1 《熟慮》

山内のサイドボード

in
1 《スレイベンの守護者、サリア》
1 《忘却の輪》
3 《セレズニアの魔鍵》
1 《帰化》
1 《天啓の光》
2 《情け知らずのガラク》
out
4 《栄光の騎士》
3 《銀刃の聖騎士》
1 《荘厳な大天使》
1 《東屋のエルフ》

Game 2

LMCC2012: Yamauchi Kazushi

先手山内がまたまたマリガン。有田の対戦相手はこれで 4 ゲーム連続マリガンとのこと……さすがプロは怖い! 6 枚の手札を、瞳に涙を浮かべながらキープする。

山内は初動が 3 ターン目の《ロクソドンの強打者》。一方有田は土地と《アゾリウスの魔鍵》を並べるのみ。

タップアウトの返しに山内は《情け知らずのガラク》

しかしさすがプロは動じない。しゃあしゃあと《終末》を奇跡詠唱し、《アゾリウスの魔鍵》《火柱》でガラクもシャットアウト!

気を取り直し《スレイベンの守護者、サリア》《ロクソドンの強打者》をするが、有田は《至高の評決》、さらに《月の賢者タミヨウ》でセミマウントに。

おかわり《スレイベンの守護者、サリア》《瞬唱の魔道士》から《火柱》されあとは完全に有田劇場。

《月の賢者タミヨウ》がカウンター 8 個となると……。

有田 「give up!?」

山内、泣きながらここでタップ。

有田 2-0 山内

Tags: Report

編集