«LMC Championships 2012 モンスター.. 最新 ラウンド 1: 菅谷 裕信(千葉) vs 日下部 修一(..»

WPN Premium Tournament - LMC Championships 2012

LMC Championships

ラウンド 1: 板東 潤一郎(茨城) vs 佐藤 和真(千葉)

Written by Yui Takagi

LMCC2012: Bando Junichiro

まずは昨年 LMCC チャンプの船出を見守ることとしよう。

板東が駆るデッキは今年も白青に黒をポイントで追加した「人類の英知」。激しい当たりにも動じず受け流していく、トキのごとき「静のマジック」がこのデッキの魅力である。

一方、対戦相手の佐藤はなんと板東とは大学時代の先輩後輩であったという。実は数日前に坂東から佐藤にデッキレシピが提供されたらしい。

ただ、土壇場で佐藤は英知を見切り、自らの道を歩むことを決めたとのこと。

板東はエスパーコントロール。

佐藤は赤黒ビートダウン。

お互い、よい航海を…… Bon Voyage!

Game 1

先手板東は余裕の 7 枚王者キープ。一方の佐藤は……出航直後にいきなり大嵐にのまれトリプルマリガン……。

板東が威風堂々土地を並べ続けるのに対し、佐藤は《沼》を 2 枚並べるのみでまったくアクションをとれない。

さっそく大きく先行した板東は 4 ターン目に《思考を築く者、ジェイス》を出し、さらにライブラリーを掘り進める。

第 6 ターン、ようやく佐藤は 3 枚目の土地《竜髑髏の山頂》を獲得、まずは《流城の貴族》を召還するが《本質の散乱》で退けられる。板東はプラス能力を挟みながらライブラリーを淡々と追求す。

佐藤は 4 枚目の土地に《山》を引き込み、《灰の盲信者》を繰り出そうとするが、これには《瞬唱の魔道士》経由で《本質の散乱》フラッシュバック。

さらに《ヘルホールのフレイル使い》、2 体目の《流城の貴族》と動いたが、まるで VTR のように《本質の散乱》《瞬唱の魔道士》の流れで退けられると、ここで佐藤は矛を収めるのだった。

板東 1-0 佐藤

板東のサイドボード

in
2 《正義の一撃》
2 《忘却の輪》
3 《天使への願い》
out
4 《思考を築く者、ジェイス》
3 《雲散霧消》

佐藤のサイドボード

in
4 《強迫》
3 《戦慄掘り》
2 《ラクドスの復活》
out
4 《火柱》
4 《硫黄の流弾》
1 《灼熱の槍》

Game 2

LMCC2012: Sato Kazumasa

また佐藤がマリガン、ただ板東もこれにつきあう。6 枚の手札に、佐藤は少し悩んでキープ。板東もこれにつづく。

初動は佐藤の《悪名の騎士》。続いて《ヘルホールのフレイル使い》(解鎖)も繰り出す。坂東はこれに干渉できず、ライフががりがり削れていく。ライフは早くも 11。

板東は 4 枚目の土地をセットし、返しの攻撃を《正義の一撃》《瞬唱の魔道士》《正義の一撃》フラッシュバックでかわしきる。《ヘルホールのフレイル使い》が飛んでライフは 7 となるが、佐藤の進撃はここで一度途切れる。

次ターン、佐藤は《ファルケンラスの貴種》でお伺い。板東はこれにリアクションをとれない。《禁忌の錬金術》で探すが答えはなくライフは 3 に。

と、ここで板東《天使への願い》をトップデッキ。天使トークンが 2 体生産。これで時間を稼げたか……?

否、赤黒の醍醐味ここにあり。板東の本体に突き刺さる《灼熱の槍》

板東 1-1 佐藤


お互いサイドボードなし。

Game 3

佐藤が悩むものの、お互い 7 枚キープ。

板東 2 枚目の土地がタップイン、返しに佐藤が《灰の盲信者》を通し攻撃。板東はこれを《忘却の輪》で拘束する。

続いて佐藤は《ヘルホールのフレイル使い》を繰り出すものの、板東は《拘留の宝球》でこれも逮捕。ただ、板東の土地が3枚で止まっているのが気がかりだ。

佐藤はここで《強迫》を放つ。板東の 5 枚の手札が白日にさらされる。《スフィンクスの啓示》《瞬唱の魔道士》《静穏の天使》《天使への願い》《禁忌の錬金術》。ハイカロリーだが現状では死に体に限りなく近い。《禁忌の錬金術》を捨てさせると佐藤は《ヘルホールのフレイル使い》(解鎖)、《ファルケンラスの貴種》とラッシュをかける。坂東は土地が伸びず、焼け石気味に《瞬唱の魔道士》でチャンプするも土地がなくてはどうにもならなかった。

板東 1-2 佐藤


というわけで、出だしからお互い事故続きの大荒れな展開となった。

ただ、板東は昨年も初戦を落とし、残りすべてを勝って戴冠している。

こんな躓き、王者にとっては試練でもなんでもないのかも……。

Tags: Report

編集